読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少女サナトリウム

シナリオライター木野誠太郎(きのせい)があの事件についてついに語ります 連絡先⇒kinoseitaro@gmail.com

小説『ありとある物語の物語』(上)

『ありとある物語の物語』という小説を書きました。 長いので上中下にわけますが、お時間あれば読んでいただけますと幸いです。

ソウカツ!

大晦日ということで、2014年の総括をしようと思います。 こういう機会でないとブログ更新しないし。 というわけで、まずは1月から。 1月 匿名にてアプリゲームのシナリオライターをしていたところ、アプリ『あんさんぶるガールズ!』のシナリオのお仕事を始…

夜明けのBEAT

最近敬愛する作家の佐藤友哉氏がフジファブリックのトリビュート小説『銀河』を書かれたそうですが、なんという奇遇か、僕も二年前くらい前にフジファブリックのトリビュート小説を書いていました。『夜明けのBEAT』という作品です。同人誌『文学とはROCKで…

神戸短歌賞

短歌をぼんやりとはじめてある程度経ったので、まずは地方賞からという感じで神戸短歌賞に投稿してみました。 結果としては、全体得票数3位(新人賞次席)という感じでした。1次審査で新人のなかでは得票数がもっとも多かったのですが、2次審査であえなく落選…

あってないような闇の話

即興小説を書きました。 あったりなかったりするもののお話です。 書く速度をつけるために定期的に練習していきたいなと思っています。

架橋

ブログが三日坊主とならないよう、今日は高校生のときに書いた小説を(黒歴史ですが)アップロードします。 感想お待ちしてます。 以下本文

太陽フレアの彼女

2012年冬に同人誌『イルミナシオン』に掲載した作品『太陽フレアの彼女』をwebに掲載します。 2014年5月5日に行われる文学フリマにて、『しあわせはっぴーにゃんこ』という合同誌を頒布する予定ですので、この作品を読んで興味を持たれた方は、ぜひ。 以下本…

Who's kinosei?

木野誠太郎(きのせい)という人間について。 1991 広島県尾道市に生まれる。2000 生家の本を読み漁る。当時は星新一・筒井康隆などSFを中心に読む。2003 『涼宮ハルヒ』シリーズがきっかけでライトノベルを読み始める。ライトノベルに限らず、村上龍『限り…